スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使いたくはないのだけれど・・・

こんなアイテムを買ってみました。

袋の中には・・・


FI2622564_1E.jpg

こんなビニール袋が2枚入っています。

試しに使ってみると・・・


FI2622564_2E.jpg

こんな感じ。

これなら雨の日でも大丈夫・・・
ですかね?

で、このビニール袋・・・


FI2622564_3E.jpg

後方に一箇所、穴が開いているので
アイピースは袋の外になります。
なので、覗くのに違和感はありません。

ちゃんとしたレインガードは安くても数千円はするので
このビニール、2枚で千円は買いやすいですね。
でも、やっぱり雨の日は使いたくないなあ。

あ、良く晴れて砂埃の多い
モトクロス観戦の時は、あると安心かも。


FI2622564_4E.jpg

スポンサーサイト

ためし撮り

写真に写っているのは
2年半ほど前に買った
LUMIX の DMC-FX9 です。

たしか、49800円だったかな?
ん?59800円だったかな??

で、ほぼ毎日持ち歩いて
トータルで54000枚くらい撮影しました。

でも、3ヶ月くらい前から、なんだか
モードダイヤルがおかしくなり初めたと思っていたら
ついに、とってもスムースに回るようになってしまいました。
(ホントならばカチカチいいながら回るもの。)

撮影できない訳ではないのですが
シャッターボタンを押す時に
少しでもモードダイヤルに触れてしまうと
モードが変わってしまって撮影できなかったり
「モードダイヤルがずれています」と
エラーが出てしまったり・・・。

なんだかとってもイライラしてきたので・・・


FI2622487_1E.jpg

新しいのを買いました。

DMC-FX100 です。
レンズが少し広角寄りになったのが
ちと嬉しいポイント。

CCDの画素数も増えましたが
これは今まで不満に思ったことがなかったので
使っているうちに、嬉しくなるのかな?

で、他にもFX9より機能が増えたり
性能が上がったりしているようですが
最新機種ではないので、かなりお買い得でした。

なんと、29000円 + ポイント還元。
(買った日は18%還元でした)
たった2年半で、コンパクトなデジカメも
ずいぶん安くなりましたね。

実は、あと数千円出すと最新機種も買えますよ
と、店員さんには薦められたのですが
最新型はバッテリーの型番がFX9の物とは違ったので
今までのバッテリーも使える、FX100に決めました。

そんなわけで、毎日持ち歩くのは
FX100に変ります。

で、FX9は・・・

外でバイクを弄る時や
工作する時に使う事にしましょう。
まだ写真も動画も撮れるし。

あ、どこかでジャンク品を探してきて
分解してみようかな。


FI2622487_2E.jpg

EOS 40D は・・・

お預けになりました。

赤い帯のレンズとも散々迷ったのですが
17mm と F2.8 という文字に負けてしまいました・・・

APS-C カメラ専用の
EF-S17-55mm F2.8 IS USM です。

これで フルサイズ のカメラもお預けです。

て、まだ一眼レフを、ほとんど理解できていないので
フルサイズ を買うつもりはなかったのですが。

で、ためしに家の中で使ってみたのですが
流石です。明るいレンズ。

これが F2.8 というものなのか・・・

てな感じで、オートフォーカス のピント合わせが
とっても早いです。

シャキーンってな感じで。

なにせ 20D に搭載されている F2.8センサー ってのも
初めて使いましたから。このレンズで。

早く外で使ってみたいです。

今月の中頃にある友達の結婚式や
モーターショー でも威力を発揮してくれるかな?
と、期待しております。

が、すごく良かったら、20D と一緒に買った
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM は・・・

どうしようか、悩みどころです。


FI2622317_1E.jpg

夏の終わり頃に

こんな箱が届きました。

hide.miyaさんの家にも
同じような箱が届いたようです。

とりあえず箱から出して
湿度計に電池を入れてみると・・・


FI2622313_1E.jpg

74% ・・・。

すごい湿度でした。

が、本体の電源を入れて
しばらく放置していたら
40% 前後に落ち着きました。

今までは、パッキン付きのタッパーに
乾燥剤を入れて使っていたのですが
すぐに乾燥剤も使えなくなってしまうので

思い切って購入しました・・・


FI2622313_2E.jpg

東洋リビング の 防湿庫 です。

扉を開けると、湿度計は
一気に 60% 前後の表示になりますが
閉めれば数分で 40% 前後に戻ります。

これは、使い始めに撮った写真なので
まだ中がスッキリとしていますが
今は、湿気に弱そうなものが
色々と中に入っています。

普段は使っていない
バックアップ用のハードディスクなんかも
なんとなく入れてあります。

で、気になる電気代も
1日あたり1円程度ということなので

安心です。


FI2622313_3E.jpg

手ブレ防止に

鈴鹿8耐で、かなり沢山の写真を撮ったのですが
そのうち成功したのは、ほんの二割ほど・・・。

日が暮れてくると、更に成功率は低くなり
あとで写真を見てガックリ。

なんて事を、数年も繰り返してしまいました・・・。

というわけで、少しでも手ブレを少なくするために
一脚を買ってみました。


FI2622273_1E.jpg

いつも行っているカメラ用品店で買ったのですが
一脚だけでも、数10種類あり、とても迷いました。

安い物は千円台からあり
カーボン素材で出来ている高い物の中には
数万円ってのもありました。

が、僕は登山をすることもないですし
一脚ってのは、まだ一度も使った事がないので
無難に数千円クラスの10種類くらいの中から
SLIKライティーポッド 200 ってのを選びました。

そこそこ軽量で、そこそこ短くなるので
持ち運びは楽です。

で、通勤快速のシートの下にも入ります。

そんなわけで、この一脚を使って
花火の写真 を撮ってみたわけですが・・・

やはり簡単には上手く行きませんでした。
手持ちで撮るよりは、良かったのでしょうけれど。

花火の写真って、むずかしいですね。

でも、結構しっかり出来ていて
これなら手ブレも少なくなるような気がするので
次はモータースポーツの撮影で、試してみたいです。

FI2622273_2E.jpg

もっと大きく。

2年ほど前から使っている
一眼レフの EOS 20D

このカメラ、僕にとって十分な性能なのですが
マクロ撮影で、チョロQ とか小さいモノを撮る時に
オートフォーカスのピント合わせが、いまいちな時があります。

そんな時は、諦めてマニュアルフォーカスにセットし
自分でピントを合わせるわけなのですが・・・

ファインダーを一生懸命、覗いてみても
ファインダー内の視野が小さすぎて
何処にピントが合っているのか
良くわからないことが多々あります。

そんなわけで、こんなのを買ってみました・・・


FI2622117_1E.jpg

拡大レンズ付きのアイカップ
オリンパスME-1 です。

もちろんこれは、オリンパスのカメラ用の
オプションパーツなのですが
なんと、キャノンの EOS 20D に
無加工で取り付けが出来てしまうのです。

で、さっそく取り付けてみると・・・


FI2622117_2E.jpg

こんな感じ。

見た目も、ほとんど違和感がありません。

取り付けは、とっても簡単で
手前に置いてある、純正のアイカップを外し
ME-1 に交換するだけ。

工具もなにも必要ないので
気に入らなければ、すぐに元に戻せます。
しかもジャストフィットで、グラグラしたりもしません。

これでファインダー内の視野が、今までの 1.2倍となり
ピントがとても合わせやすくなりました。
ケラレもほとんど発生しないので、バッチリです。

もっと早く知っていれば・・・
と、悔やむほどの、良いアイテムです。


FI2622117_3E.jpg

が、しいて言えば、この隙間。

カメラに対する影響は特に無さそうなので
僕は全く気にしていませんが・・・

この隙間が気になる方は
注意して購入してください。

この隙間さえ我慢できれば
きっと、役に立つアイテムになると思います。


FI2622117_4E.jpg

キャノンの

新宿QRセンターへ行って来ました。
レンズの修理です。

なにやら、縦位置の望遠端で撮影した時に
周辺画像が乱れる?ことがあるということで
リコール?みたいなものです。

まだ、はっきりと実感したことは無かったのですが
レース観戦の時は、いつもこのレンズを使っているので
オフシーズンを待って、一応、点検修理に出してみました。


FI2622019_1E.jpg

修理の受付の方は、大変丁寧な方で
レンズを見せたら、平謝りされてしまいました。
なんだか、こっちが恐縮してしまうくらい。

レンズは2週間ほどで、戻って来るそうなので
今シーズンの開幕には十分間に合いますし
やはり、持ってきて良かったなと、思いました。

で、ついでに、カメラ本体の
CCDの清掃も、していただきました。

これでスッキリです。

はやく暖かくならないかなあ。

火が

ブホーっと出ています。

写真の整理をしていたら発見しました。

今年の夏に観戦に行った
鈴鹿8時間耐久で撮った写真です。

この #101 小西 良輝選手のマシンのほかにも
マフラーから、ポっと火が出ている写真がありましたが
ブホーっと出ているのは、このマシンだけでした。

火が出ているといっても、マシンに問題があるわけではなく
この日のセッティングやマフラー形状などの組み合わせで
こうなったのだと思います。

夕暮れ時になると、こういう写真が撮れる事があります。


FI2621946_1E.jpg

こちらは、ACSX で撮った写真です。
#44 小島 庸平選手(IA2 チャンピオン)の足から
チリチリっと火花が出ているように見えます。

恐らくステップか何かが
コースに転がっていた石などに接触して
火花が出たのだと思います。

ここには深いギャップがあったので
マシンのリアサスペンションが沈み込んでいます。

ここまでバンクすると、シフトペダルが地面に当たって
勝手にシフトアップしてしまったり・・・なんてことも
あるかもしれませんね。


FI2621946_2E.jpg

IAの選手はジャンプもしこたま飛びます。
ありえないくらい飛びます。

今年の ACSX のコースでも
いったいどこまで飛んでいくのだ?
ってなジャンプが、いくつかありました。


FI2621946_3E.jpg

で、こちらは、フープスセクションの
終わりのほうにある、ジャンプの着地シーンです。

ジャンプからの着地で
#74 星野 優位選手のマシンは
サスペンションが限界まで沈み込んでいます。

これぞまさにフルボトムです。

本来まっすぐなはずのリアフェンダーが
タイヤの形にあわせて湾曲しています。
リアタイヤも、かなりつぶれています。

たぶんこの周の #74 星野選手は
#982 成田選手に、後ろからプレッシャーをかけられ
ジャンプを飛びすぎてしまったのだと思います。

いくらIA選手は飛ぶからといっても
毎回こんな着地をしていたら、マシンもライダーも
ダメージを受けてしまいそうです。

と、いう感じに、たまたま撮れた
面白い写真を見つけてしまったので
記事にしてみました。

まだ写真の整理は、始まったばかりなのですが。

FI2621946_4E.jpg

ベストショット

今回のお気に入り。

毎回こんな感じで撮れれば・・・

練習練習。

IA2 #66 池谷 優太 選手
クラブヤマハ MotoTech & RED ZONE
YAMAHA YZ250F
FI2504391_0E.jpg

液晶ヒサシ

EOS 20Dに取り付けてみました。

ハクバの液晶シェード
折りたたみタイプです。

日差しの強い昼間の屋外でも
液晶の確認がしやすくなります。
汚れや傷も防げそうです。


FI2247391_0E.jpg

取り付けは簡単です。

アイカップを取り外して・・・



FI2247391_1E.jpg

はめ換えるだけです。

工具もなにもいりません。

つけるとこんな感じです。



FI2247391_2E.jpg

で、開けるとこんな感じ。

* まだ保護フィルムを剥がしてないので
 傷が見えますが・・・。

もともと液晶を見ながらの撮影は出来ないので
撮ったら開けて確認といった感じです。

普段は閉めておけば傷も防げます。

が、欠点を発見・・・。
開いたままだとファインダーを覗けません。

うーん。
モータースポーツの撮影には微妙かも。
簡単に交換できるので良いのですが。

シーズンになったら試して見ます。

FI2247391_3E.jpg

アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。