スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA YZR

1108181_1.jpgヤマハ発動機 は、1961年に
ロードレース世界選手権に参戦を初めてから、
今年(2011年)で、50周年を迎えました。

それを記念し、鈴鹿8耐の会場には
多くの名車が展示されていました。

ヤマハ の ファクトリーマシン が
数多く並ぶのは、なかなか無いことなので
じっくりと、見学してまいりました。



1108181_2.jpg
#3 1988年型 YZR500 (OW98)
エディ ローソン選手のマシンです。

右側が湾曲した 左右非対称スイングアーム や
カーボンディスクブレーキ を初投入した
1988年シーズンの チャンピオンマシン です。

アンダーカウル の先端に付いた
エンジン冷却用のダクトに憧れました。



1108181_3.jpg
#4 1983年型 YZR500 (OW70)
ケニー ロバーツ(父)選手のマシンです。

フロントに 17インチホイール をしたマシンです。
アルミ製のフレームは、デルタボックス になりました。

この頃は吸気に、
ロータリーディスクバルブ を採用していました。

ブレンボ のロゴが懐かしいタイプです。


1108181_4.jpg#31 1986年型 YZR250 (OW82)
平 忠彦選手が、WGP初優勝を飾ったマシンです。

GP250ccクラス に ヤマハ が
ファクトリーマシン を投入したのは
1973年以来だったそうです。

アルミ製の デルタボックスフレーム に
2軸クランクの Vツイン 同爆エンジンを搭載しました。

振動低減のために採用された同爆エンジンですが
動力性能にも好影響があり、大きなアドバンテージを得ました。

しかし、始動性に難があり、当時の 押し掛けスタート では
非常にエンジンが掛かりにくく、平選手が後続のマシンに
追突されてしまうという、重大な事故も起こってしまいました。

この事故を踏まえ、翌年の1987年から
WGP では 押し掛けスタート方式 が廃止され、
事前にエンジンを始動しておき、クラッチを繋いでスタートさせる
クラッチスタート方式 へと変更になりました。

この頃のマシンは、ハンドルバー の 垂れ角 が凄いです。
僕が乗っていた RS125 もそうでしたが、
当時、RZ や MB、ガンマ などに乗っていた方も、
セパレートハンドル、かなり絞っていましたよね?


1108181_5.jpg#1 1993年型 YZR500 (OWF2)
ウェイン レイニー選手のマシンです。

アルミ製 デルタボックスフレーム に
目の字断面押出し材を採用し、剛性を上げました。
が、硬すぎたようで、レイニー選手はシーズン後半から
1990年型のフレームに戻したそうです。

空力を意識してか、
エンジン冷却用の ダクト は減り、
カウル も丸みを帯びてきました。

この頃から、ゼッケンベース色 が
黄色の指定色ではなくなりました。

フレームに黒い塗装を施したのも
この頃からでしょうか。


1108181_6.jpg#5 1997年型 YZR500 (OWH0)
阿部 典史選手のマシンです。

エアボックス の容量を拡大するために
V型エンジンの挟み角が70度から75度に変更されたそうです。

1993年型のマシンには見られない 吸気ダクト が
アンダーカウル 先端に取り付けられています。

ラム圧という言葉が流行ったのは・・・この頃?
TT-F1や、スーパーバイクのほうが、採用が早かったのかな?


1108181_7.jpg
アッパーカウル の スクリーン には
ノリック マーク。

ちゃんと見られるようになりました。

4サイクルエンジン になった
YZR-M1 は、また次回、記事にしたいと思います。


スポンサーサイト

土曜日の午前中に行われた

1108102_1.jpg鈴鹿4時間耐久ロードレース
優勝チーム の サインエリア です。

チームスタッフ全員、
チェッカーフラッグ を受けるマシンが
ホームストレート に戻ってくるのを待ちかまえ、
体全体を使ってライダーを祝福します。

この光景は、何度観ても感動します。

そして、元気が沸いてきます。



鈴鹿8耐 決勝前日

1108101_1.jpg
最終予選前に行われた
最後の 練習走行セッション で、
ついに雨が降ってきます・・・



1108101_2.jpg
乾いた路面で使用する、
溝の無い スリックタイヤ で走行するには、
もう、危険な状態・・・



1108101_3.jpg
走行していた ライダー たちは、
続々と ピット へと戻ってきました。



1108101_4.jpg
この セッション の順位が
タワーに掲示されています。



1108101_5.jpgトップは Yamaha の 中須賀選手。

#7 MONSTER YAMAHA -YART
YAMAHA YZF-R1 / Katuyuki.NAKASUGA

普段とはタイヤメーカーも違う、
世界耐久選手権チームの
慣れないマシンでの参戦ですが、
数日で乗りこなしているように見えました・・・流石です。



1108101_6.jpg2番手は TSR の 秋吉選手 です。

#11 F.C.C. TSR Honda
HONDA CBR1000RR / Kousuke.AKIYOSHI

本気の タイムアタック ではなく、
決勝へ向けての セットアップ を
黙々とこなしているように見えました。



1108101_7.jpg雨用のタイヤでコースインするのは
4番手の 高橋選手。

#634 MuSASHi RT HARC-PRO.
HONDA CBR1000RR / Takumi.TAKAHASHI

結局、路面が乾く事はなく
タイムは更新されませんでしたが
明日の決勝は雨の予報・・・

貴重な時間を無駄にせず、
マシンの確認を行っていました。

この後、予選上位10チームで行われる
TOP10トライアル(最後の予選)があるのですが・・・

果たして、路面は乾くのだろうか。

2011年の夏も

1108091_0.jpg三重県 鈴鹿 経由で、
ぐるっと8の字を描きながら?
各地を周ってみました。

いつもより休みが長かったので
のんびりと、1,500km 走って帰ってきました。

普段は走らない道が多かったので、
すこし時間はかかりましたが・・・
雨も降らずに、楽しい旅でした。

帰り道は土砂降りでしたが・・・


1108091_1.jpg
まずは、鈴鹿8耐。

今年話題の チーム紳助



1108091_3.jpg
16年ぶりに復活し、鈴鹿8耐へ。

ライダーは、宮城県出身の中木亮輔 選手、
津田一磨 選手、鈴木慎吾 選手。

マシンは HONDA CBR1000RR.




1108091_2.jpg
ピットが近くだったので
気にして観ていましたが・・・


タイヤ交換作業を担当していた
[ サンドウィッチマン 富沢たけしさん の 鈴鹿8耐 ]

同じくタイヤ交換作業を担当していた
[ サンドウィッチマン 伊達みきおさん の 鈴鹿8耐 ]



1108091_4.jpg
皆さん真剣に、良いレースをしていました。

ストップボードを担当していた [ 陣内智則さん の 鈴鹿8耐 ]

この模様は、来週、
テレビで放送 されるようです。
楽しみだなあ。



1108091_5.jpg
日本のため、東北のため、レースファンのため、
8耐を盛り上げてくれて、ありがとうございました♪

今回限りと言わず、また走って欲しいです!

茂木のコース脇に並ぶ

1010262_1.jpg
厳つい重機たち。

ん?ついに モトクロスコース 建設!?

かと思ったら・・・



1010262_2.jpgトレーニング施設でした。

でも、ショートコース が出来るのは
楽しみですね。

全日本ロードレース開催中の
ツインリンクもてぎ なのですが
お客さんは少ないので・・・

皆さん、思い思いの場所で
のんびりと観戦しています。

今回の、我が家の拠点は・・・


1010262_3.jpg
こんな感じ。

お昼休みには、キャンプ用のガスコンロで
ソーセージ と 餅 を焼いて食べました。

この雰囲気は、悪くはないのですが
もう少し、賑やかだと良いのにな・・・

レースは面白いし、楽しいのになあ。


5コーナーを立ち上がり

1010191_1.jpgファーストアンダーブリッジ へ向かう
#33 Keihin Kohara Racing Team
伊藤真一選手 / Honda CBR1000RR

ここから先は、登り勾配の付いた
高速セクション なので、軽くフロントを上げながら
フル加速 で トンネル の中へ。

2010年シーズン限りで
全日本ロードレース選手権を卒業する
伊藤真一選手 は、後続を7秒離したまま・・・


1010191_2.jpgトップ で チェッカーフラッグ を受け、
菅生ラウンド から続く、3連勝を決めました。

今回の もてぎラウンド が
関東で 伊藤選手 の勇姿が観られる
最後のチャンスでした。

ファンの期待通り
いや、期待以上の勝ちっぷり。

僕たちも、伊藤選手 が勝つレースを
久しぶりに観ることができましたし・・・


1010191_3.jpg
最後に、笑顔のウイニングラン を、
現地で観ることができて、嬉しかったです。

残すは、最終戦 鈴鹿ラウンド。
このレースで、いよいよ卒業です。
果たして、ミラクルは起こるのでしょうか?

伊藤真一選手の ラストラン に、期待です♪


こんなにも

1010131_1.jpg多くの人に愛されていたライダーは、今までいたのかな。
と、思うくらいの、素晴らしい選手でした。

前戦のアラゴンGPでは、3クラス全てのライダーが
#48のステッカーを、マシンやウエアに貼って走行しました。

レプリカヘルメットを用意し、それを被って出場した選手がいたり・・・
表彰式で、シャンパンファイトを自粛したいと言いだした選手がいたり。

日本GPで行われた追悼式での黙祷の時間は、場内が静まり返りました。
お客さんたちも全員立ち上がり、パドックの方を見つめていました。
僕たちは、このようなセレモニーは初めてだったので、驚きました。
少し、涙も出たけれど・・・


1010131_2.jpgどうしようか、少し迷ったけれど
やっぱり、行って良かったです。日本グランプリ。

短い間だったけれど、富沢 祥也選手の活躍には
ほんとに、ドキドキワクワクしました。

ありがとう。

バタバタしていた仕事も、少し落ち着いてきました。
今週末は、また ツインリンクもてぎ へ行くので
来週からは、またちょくちょく記事が書けるように
僕も頑張っていこうと思います。


あまりに暑かった

1008251_1.jpg
今年の 鈴鹿8耐。

グランドスタンド の裏(外側)
にある グランプリスクエア に
特別展示されていた マシン たちも・・・



1008251_2.jpg
カウル を脱いじゃっていました。

もう、フラフラでクラクラしちゃうほど気温は高いのですが
こんな展示に、メカ好きな僕は、ウットリ としてしまいます。
そんなわけで?まずはこのマシンから。

2ストローク V型 3気筒 の NS500 、1982年のモデルです。
第一印象は、かなり コンパクト なマシン といった感じ。

チャンバー の曲がり具合とか、見所の多いマシンです。

あ、後ろ側2気筒分の チャンバー は
最後の最後に クロス していたんですね。


1008251_3.jpg
後姿も素敵でした。



1008251_4.jpg
排気管の後ろの方といえば・・・

5本ある排気管の、出口までの長さを
等長にするための策なのでしょうか?

RC211V プロト の、最後にクネっと回った
エキゾーストパイプ も、特徴的です。


1008251_5.jpg
そして、特徴的といえば・・・
この elf5

1987年型 NSR500 の
エンジンを搭載した、1988年モデルです。

カウルだけを見ると、普通っぽいのですが・・・



1008251_6.jpg脱いだらスゴイんです。

スイングアーム は片持ちの プロアーム。
フロントは、なんと ダブルウィッシュボーン です。

ブレーキング の時に ホイールベース の長さが
変化しないので、高速コーナーでも安定したグリップを実現し
圧倒的な高さの コーナリングスピード を実現する・・・
というのが売りの マシン だったようなのですが
フロントサスペンション が沈み込むことがないので
S字コーナー や シケイン の切り返しが苦手だったようです。


1008251_7.jpgそしてこちらは
2ストローク V型 2気筒エンジン を搭載した
NSR500V です。

elf5 で開発された片持ちの スイングアーム
通称 プロアーム を採用し、NSR250 に近い感覚で操れる
軽量でコンパクトを売りにした、異色のマシンです。

岡田忠之選手が ポールポジション を獲得したのが
記憶に新しい・・・といっても、1996年のことでした。
が、速い コーナリングスピード を武器に、
その後も活躍しました。

この NSR500V は、プライベートチーム 向けに
市販もされていたマシンなので、今も世界のどこかで、
コレクターの方々が走らせることがあるそうです。


1008251_8.jpg
本来、フューエルタンク のあるはずの部分に
空気の取り入れ口と、排出用のスリットを持つ
この、トリコロールカラー のマシンは・・・



1008251_9.jpgフューエルタンク と チャンバー の位置を
通常とは逆に配置した珍しいマシン、
1984年型の NSR500 です。

重量のある フューエルタンク を下に配置し
低重心化を狙って開発されたようですが・・・
燃料量の変化による車体姿勢の変化が
通常のマシンよりも大きく、乗りにくかったようです。

しかし、この チャンバー ・・・


1008251_a.jpg
抱える格好で走るライダーにとっては
もはや、暑いなんてレベルじゃなかったでしょうね。。。

ステアリングステム の近くにある サブタンク?
のような箱まで、燃料をポンプで吸い上げていたのでしょうか?

メカニックさんたちにとっても
整備するのが大変そうなマシンだったでしょうね。


1008251_b.jpgトコロ変わって、こちらは
エアコン の効いた、屋内の涼しい展示室です。
もちろん 鈴鹿サーキット の中にあるのですが
意外と知られていない、クールダウンスポット です。
ココに来ると、ホント、生き返れます。

てなわけで?
ココに展示されていたマシンたちは
カウルを装着しちゃってます。。。残念。

でもこのマシン、RVF750 は
8耐 の会場に、良く似合うマシンです。
展示されているのは、1992年型 RC45 ベース の
RVF ですが、前モデルの RC30 などとあわせると
鈴鹿8耐 で10勝している、それはもう、凄いマシンです。


1008251_c.jpgこちらは、RVF750 と同じ
4ストローク V型 4気筒エンジン を搭載した
1987年型の NR750 です。

見た目も RVF に似ていますが
同じ V型 4気筒エンジン でも
バルブは、吸気と排気をあわせて、32本持っています。

そう、UFOピストン と呼ばれる
楕円形のピストンを採用し、4気筒ながら
8気筒分の燃焼室を持つ、特殊なマシンです。

この NR は、かなりの高出力を発揮したようですが
おそらく、超ショートストローク なエンジンだったのでしょうし、
部品は通常よりもコンパクト、そして点数も多かったからなのでしょうか、
メカニカルトラブル が多発し、実戦からは短期間で姿を消してしまった
とても残念な車両です。。。


1008251_d.jpgそして最後は、排気量 400cc の
4ストローク V型 4気筒エンジン を搭載した
1986年型の RVF400 です。

TT-F3クラス で2連覇を達成した
ホンダ の ファクトリーマシン です。

後に市販された、VFR400R に似ていますが
このマシンのベースは VF400F だそうなので
スタンダードな両持ちの スイングアーム を使っています。

が、エンジンブロック 以外の、ほとんど パーツ は
VF400F とは別物の、スペシャルマシン だったそうです。

匠たちの知恵を絞って造られた
スペシャル な レーシングマシン は
時代が変わっても、本当に美しいものでした。

こんなマシンを使った 市販車改造レース が
いつの日かまた、開催されると良いのにな。

いよいよ、11:30

1008052_1.jpgこの時点で、鈴鹿の気温は38.9度を記録。

連日猛暑日の中で行われた、過酷な予選を戦い抜き
8耐決勝に進出した全車両が、スターティンググリッド に整列し
コースマーシャル により、コース の安全が確認されたら

鈴鹿8時間耐久ロードレース の スタート です。

レース開始を意味する
ブルー の シグナルランプ が点灯すると同時に・・・



1008052_2.jpg
スタートライダー は

一斉にマシンに駆け寄り・・・



1008052_3.jpg
セルフスターター で
マシン の エンジン に火を入れ

8時間先のチェッカーを目指して・・・



1008052_4.jpg
猛然と、第1コーナーへ。

そして

2分数10秒後・・・



1008052_5.jpgオープニングラップ を制した

#12 YOSHIMURA SUZUKI with ENEOS
酒井 大作選手 が

後続との距離を少し引き離し
ホームストレート へと戻ってきました。


この写真もそうなのですが
テレビなどの画面で観る モータースポーツ は
カメラ が マシン を追い掛けるので
いまいち、スピード感に欠けてしまいます・・・



が、実際には
こんな スピード で走行をしています。
[広告] VPS


このスピード感、そして、サーキットに響く音。
手に持っている ペットボトル などにも伝わってくる、振動。
観客席から聞こえてくる、歓声、どよめき・・・

これこそが、現地観戦の醍醐味なのです♪

スタート3分前

1008033_1.jpg
ウォームアップ走行 が終了し
各車、ホームストレート にある
スターティンググリッド に戻ってきました。

鈴鹿8時間耐久ロードレース は
スタート方式が ルマン式 なので・・・



1008033_2.jpg
マシンは 第1コーナー に向けて
ピット側の壁に沿って並べられ・・・



1008033_3.jpg
ライダーは、スタンド側の
スターティングサークル で待機します。



1008033_4.jpg
第1コーナー に一番近い
ポールポジション のサークルで待機するのは
昨日の予選でトップを獲得した

#12 YOSHIMURA SUZUKI with ENEOS
酒井 大作選手 です。



1008033_5.jpg
その隣、2番グリッド には

#11 F.C.C.TSR Honda
秋吉 耕佑選手



1008033_6.jpg
3番グリッド の

#33 Keihin Kohara Racing Team
伊藤 真一選手

は、肩をまわして準備しています。



1008033_7.jpg
5番グリッド の

#48 PLOT FARO PANTHERA
出口 修選手

は、首のストレッチ。



1008033_8.jpg
ん?

このライダーさんは??



1008033_9.jpg
金曜日の予選中に膝を負傷してしまった

#634 MuSASHi RT HARC-PRO.
高橋 巧選手

は、やはり、立って待機するのが辛いのか
ゆっくりと グリッド へ戻ってきました。



1008033_a.jpg
マシン を メカニックさん に預けて・・・



1008033_b.jpg
ゆっくりと 4番グリッド へ向かいます。

全車グリッドに整列し終わると・・・



1008033_c.jpg
8時間先
19:30 の チェッカーフラッグ へ向けて
真夏の祭典 鈴鹿8耐 の 決勝レース

いよいよ スタート です。


アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。