スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成?

先日、アルミの丸棒から削りだした
ネジ穴の付いた筒を、丸棒から切り取ります。

バンドソー を使って切り取ってしまえば
あっという間なのですが、せっかくなので
今回は旋盤で切り取ってみます。
突切りと呼ばれる作業です。

アルミの丸棒に対して
角度をつけずに、真直ぐと刃を当てます。
刃は、突切り用の細くて長い刃を使います。
で、旋盤を回せば切れるはず。

なのですが・・・

これがまた難しいのです。

刃が細いからなのか、丸棒に対して
当っている刃の部分が多いせいなのか
いまいち定かではありませんが・・・

キ~~っと、物凄い音がします。
回転数を調節したり、刃の送り量を減らしたり
切削油を使ったりしたのですが、変らず。
で、ちびちびと削っていたら、15分経過。
まだ3分の1も切れていない・・・。

で、考えました。
もしかして、刃が細長いので
刃の部分が細かく振動して音が出るのか?

だとすれば、刃を丸棒に強く当てて
下方向に押し付けるようにすれば
刃が上下に振動しないのでは?

で、思い切って、刃の送り量を倍に増やしました。

で、怖いので少し離れて
旋盤のモーターのスイッチを入れると・・・

キ~っという音が小さくなりました!
で、削りカスが薄いカツオ節のような感じになって
するっ、するっと削れていきます。

で、恐る恐る、更に刃を送ってみると・・・
カツオ節が長ーいカツオ節になって
するするするする~っと削れるようになり
不快な音も出なくなりました!

そうか、ある程度刃を送ってやれば
簡単に切れるのか・・・納得。

てなわけで・・・


FI2622447_1E.jpg

これが切り取られた部分です。

ネジも付きました。

断面も旋盤で突切ったので
刃の跡が無くて、綺麗です。

が、円周部分の表面は・・・


FI2622447_2E.jpg

イマイチ美しくないのですが
仕上げの削り方を研究して
次回作で頑張ります。

てなわけで、角を落として完成です。

初めての旋盤で作ったのは
旋盤で薄い板などを削る時に使う
治具です。

なので、美しい必要はないのですが
次はもう少し綺麗に作りたいです。

しかも、この治具を作るのに
結局半日くらい掛かってしまいました・・・。

なので、旋盤で作った方が早いなんて
まだ絶対に言えません。


FI2622447_3E.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にこらっち
いやいやいや、まだまだヒヨッコですよー。
旋盤動かしてる時なんて、ビビリまくりですから・・・なはは。

ん?大きくなったら?・・・グリーンジャイアント・・・
いや、マンモスに。でも、輪切りは勘弁。うはは。

いろんな事ができてすごいなぁ、kamezoさん……。
大きくなったら一体何になるつもりなんですか?
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。