スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートポジションが決まるまで

0908151_1.jpgいよいよ残す所、あと3名
誰がトップタイムを記録してもおかしくはない
3強と呼ばれている優勝候補な3チームです。

まずは、アグレッシブなライディングで
第2コーナーを立ち上がる

#12 酒井 大作選手
ヨシムラスズキ with JOMO
SUZUKI GSX-R1000

少しオーバースピード気味だったか?
2コーナーのクリップが取れていなかった
ような感じがしました。

タイムは 2'09.611

0908151_2.jpg
こちらは、全日本ロードレース選手権
JSB1000クラス で、現在ランキングトップ

#634 山口 辰也選手
MuSASHi RT HARC-PRO.
HONDA CBR1000RR

マシンをあまり暴れさせない乗り方で
スムースな走行をするイメージですが
コーナー進入でのマシンの倒しこみや
S字コーナーなどでの切り返しには
たいへんキレがあるように感じました。

しかしタイムは
惜しくも2分7秒台には入れず
2'08.130

どこかで小さなミスがあったのか?
本人も、納得いかないという様子でした。


0908151_3.jpg
そして最後にタイムアタックをするのは
豪快なライディングで有名な

#1 秋吉 耕佑 選手
F.C.C. TSR Honda
HONDA CBR1000RR

見た目でわかるほどの
圧倒的なスピードで
目の前に現れたと思ったら・・・


0908151_4.jpg
弾丸のようなスピードで
あっという間に走り去って行きました。

後で 動画 を観てみたら
シケインで少々ミス?
が、あったようですが・・・



0908151_5.jpg
それでもタイムは 2'07.692
やはり出ました、2分7秒台。



0908151_6.jpg
ポールポジションスタートは
#1 F.C.C. TSR Honda
に決まりました。



0908151_7.jpg
豪快なウイリーでアピールしながら
ピットへ向かう、秋吉選手。

明日の決勝も、このままブッチギリ?

だろうなきっと。

と、誰もが思っていたことでしょう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あの動画

キャン太郎さん
良く撮れていますよねー!
撮ってUPしてくれた人に、感謝♪

雨の中の走りも超人レベルで、凄かったです!
秋吉選手は、きっと魔法を使っている・・・
と、うちの妻は言っております。(笑)

No title

すごい!動画で見たよ
スライドできれーにCPまでいって切り返すシーンがUPされてましたネ

もう超越するとスライドさせてもタイムロスにはならないのかね?
いやーすごいね

1/400~1/250くらいだと

I.Z.さん
もっと、いや、かなり歩留まりも良くなります。(笑)
が、ホイールのスポークが見えるようになってくるので
いまいちスピード感に欠ける?写真になってしまいます。
以前は、歩留まりを上げるために、バシバシ撮っていたのですが
家に帰ってから見返してみると、面白みが足りないなあ
てな感じの写真が多かったです。

なので、失敗してもいいから、面白い写真を撮りたいなあ
と、思い今は試行錯誤をしている最中です。なはは。
ほんとは、1/80くらいで挑戦してみたいのですが
なにせスペシャルステージは、1回勝負なので。。。
1/125くらいが僕の限界です。とほほ。

そう、僕もシケインは小細工なイメージが強いです。
鈴鹿での2輪レースの場合は、200Rにもシケインが出来ました。
あそこは、ヘアピンから全開で立ち上がり、スプーンへと向かう
鈴鹿で1番カッコイイ高速セクションだったのですが
アウト側のエスケープゾーンが狭く、なおかつコンクリートウォールなので
2輪の死亡事故が多発してしまい・・・なので、仕方がないですよね。

しかし、マシンとタイヤの進歩は素晴らしく
シケインが増える前のレコードタイムと同じようなタイムが、もう出ています。

クランクは、知らない土地で迷い込むと、厄介な存在ですね。
特に、その先が行き止まりだと。。。(笑)

今年は予選落ちが

キャン太郎さん
無かったですからねー。

スペシャルステージでは失敗したようですが
秋吉選手は、進入でブレーキングをしながら
リアをツーっと左に流し、クリップでパタンと左に切り返すという
離れ業を使い、まるで1個のコーナーなのか?!ってな感じで
シケインをクリアしていました。。。恐るべしです。

てか、普通の人は、そのブレーキングドリフトの最中に
軽く抜かれちゃうかも・・・なはは。

いやいや

ひまりん
まだまだです。。。
もっと通わないと。(笑)

娘さん、車が好きってのは憶えているのですが
モータースポーツも好きなのかな?だとしたら・・・
サーキットが近くて、うらやましいなあ。

あ、デザインとかも得意そうだから
レーシングカーの造りとかが好きなのかな?
速く走るために、無駄な部分を削り落とした
究極のボディラインとかが。

僕はロリータ系のワンピースってのには
いまいち、イメージがわかないのですが・・・
月末に鈴鹿戦がある SuperGT というクルマのレースには
X Japan のヨシキさんがサポートしているチームがありますよん♪
http://supergt.net/supergt/2009/09team/index_j018.htm?tm
http://www.dome.co.jp/race/jgt/index.html

1/125

1/125ぐらいのシャッタースピードだから、背景がうまく流れて、スピード感たっぷりに撮れるんですね。
これが、1/1000ぐらいの速さになってくると、だんだん背景の様子も見えるようになってきて、1/5000ぐらいでは、風になびく草木も止まって見えますが、スピード感は希薄になりますからね。
1/125を選択するkamezoさんも、各ライダーと同じく、テクニシャンですな。

ところで、「シケイン」は、高速で走ってきたマシンをいったんスピードダウンさせるための小細工的なカーブだと思っていたのですが、いかがでしょう?
で、「クランク」は工具を見たとおりのジグザグ道路。こちらは、スピードを落とさせるというよりも、ドライビングテクを見るための仕掛け。
そんな風に考えています。まあ、「シケイン」にも、そこをいかに最速で駆け抜けるかというテクは必要なんですが。

バックマーカー

すごいタイム差
でも勝負って終わらないと
わかんないですよねぇ

ぁ、そうそう
動くシケインってオレのコトよエヘヘッ

かめっちもすごいじゃん!

え~っ! 1/125秒!
ってことは、ライダーさんもすごいけど、
かめっちの写真撮影の腕もすごいってことじゃないの?

シケイン、ばっちりわかりました、どうもありがとうです。
それがねー、娘に「シケイン」って教えてもらってるの、って言ったら、
かめっちの説明してくれた通りの事を言ったの。
びっくり! 

自分で生地買ってきて、ロリータ系のワンピースをミシンで縫ってる娘が
すんごいモータースポーツに詳しいんだけど、何物なんだろう…。(笑)

この人たちに羽をつけたら

ひまりん
まちがいなく空を飛んじゃうことでしょう♪
そのくらい速いスピードで走っています。
写真では、1/125秒の世界を表現してみました。(笑)

で、シケインさんは、ケイン・コスギさんの
鳩子にあたります・・・てのは、嘘ッパチです。ぬはは。

長いストレートの最後とか、スピードが出すぎちゃうカーブの途中に
クランク状(90度に2回曲がる)に作られたセクションが、シケイン です。
鈴鹿サーキットでは、カシオトライアングル とも呼ばれます。
(カシオの看板があるシケインだから)

でも、自動車教習所では クランク と呼ぶのに
なぜサーキットでは、クランク と呼ばないのだろう??

僕も気になったので、調べてみると・・・
「モータースポーツにおいて競技車両の速度を減速するために
コース上に設置される半径の小さい小カーブ、または小カーブ群を、シケインと呼ぶ。」
らしいです。なので、モータースポーツ用語らしい。(新発見)

ちなみに、シケーンと記述されることもあるそうですが
「市民ケーン」の略語ではないようです。(笑)

シケインとは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3

質問♪

みなさん、走ってるというより飛んでるみたいに見える~。
バックの風景が流れてるから余計に。

で「シケイン」ってなに? ケイン・コスギなら知ってるけど。(笑)
(ど素人の質問でごめんね…w)
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。