スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュゴン

そしてこちらがジュゴンです。

ジュゴンはおとなしい動物ですが
飼育は非常にむずかしいそうです。

鳥羽水族館では、オスの じゅんいち と
メスの セレナ が飼育されています。

ペアでジュゴンを飼育しているのは
世界でもここだけだそうです。



FI2621877_1E.jpg

セレナの水槽では
アオウミガメの かめ吉 も
一緒に飼育されています。

セレナととても仲が良いそうです。


FI2621877_2E.jpg

この時は
ちょうど餌の時間だったようで
仲良く海草を食べていました。

2匹が食べていると
魚たちも集まってきます。

でも気にせずに
ひたすら海草を食べています。


FI2621877_3E.jpg

そして、たまに
息継ぎしに水面へ顔を出しに行きます。

かつてジュゴンは沖縄の海などにも
多数生息していたそうですが
今では生息数が減少してしまい
日本の海では、ほとんど見られないそうです。
ジュゴンは国際保護動物に指定されています。

そして鳥羽水族館には
世界初の二世誕生にむけて
大きな期待が寄せられているそうです。

いつか セレナ と じゅんいち の子供たちが
誕生するといいですね。

FI2621877_4E.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ひまりんさん
そうそう。日本では鳥羽水族館だけなのですよ!
しかもペアで飼育されているのは世界でもここだけ。
どうです?また行きたくなってきたでしょ??
てか、行ってきてください。のんびりと。(笑)

鳥羽水族館だけなの?
しらんかったー、もっとよく見てきたらよかった。
後悔先に立たず。(笑)

ひまりんさん
そうですそうです!ジュゴンは人魚のモデルなんです。
で、ジュゴンが人魚と混同されたってのもあったようですが
肉が霜降りで美味いらしく、乱獲されて減少してしまったらしいです。
現在は絶滅危惧種なので食べられませんが。
で、日本でジュゴンを観られるのは鳥羽水族館だけなのです。
てなわけで、ゆっくりと鑑賞してみてください!ぜひ!!

じゅごんは人魚のモデル…じゃなかったでしたっけ?(自信ないけどさ)
あー、やっぱり落ち着いて観賞しに行かないとねー。
写真も撮ったことがないやー。(笑)
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。