スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Formula Nippon

コースから聞こえてきたエンジン音は
Formula Nippon の音でした。

さすがは国内最高峰クラス。
かなり良い音です。

で、こちらのマシンは

#11 TEAM RECKLESS CERUMO
立川 祐路選手のマシンです。

・・・と、思ったら
ドライブしているのは Team LeMans
高木 虎之介選手でした。

かつて F-1 や INDY など、世界で戦った
TOYOTAを代表するドライバーの一人です。


FI2621964_1E.jpg

こちらの黒いマシンは
#1 arting RACING with IMPUL
本山 哲選手です。

本山選手といえば
日産を代表するドライバーなのですが・・・

Formula Nippon で使うエンジンは
TOYOTA RV8J と
HONDA HF386E の2種類しかないので
チームごとに、どちらかを選択して使用します。

今シーズンの本山選手のチームは
TOYOTA のエンジンを使っているようです。

FI2621964_2E.jpg

そしてこちらも、日産系ドライバーの
星野 一樹選手です。

フォーミュラーニッポンでは、本山選手と同じ
arting RACING with IMPUL で
シーズンを戦っています。

星野選手のマシンにも
やはり TOYOTA の文字があります。

が、コクピットの前には nismo
(日産モータースポーツ インターナショナル)
の文字があります。

なんだか不思議な感じです。

FI2621964_3E.jpg

と、ここまでのマシンは
ストレートをゆっくりと走っていたマシンなので
写真を撮ることができたのですが・・・

レースが始まって、ストレートを本気で走られると
もう写真に撮るだけで精一杯です。

最終コーナーからマシンが近づいてきたな
と、思った次の瞬間には、もう手遅れで
あっという間に目の前を通り過ぎて行きます。
写真を撮っても写っているのは・・・ってな感じです。

で、なんとか頑張って撮れた一枚が、これです。

#3 KONDO Racing
荒 聖治選手のマシンです。

FI2621964_4E.jpg

そしてこちらは

DHG TOM'S Racing
#37 土屋 武士選手と
#36 アンドレ ロッテラー選手のバトルです。

#36 ロッテラー選手が
スリップストリームから抜け出し
#37 土屋選手を追い抜いたシーンです。

目の前で見ると迫力があります。
今回は周回数の少ないレースでしたが
十分、雰囲気を味わえました。

やはり車のレースは音が凄いです。
チャンスがあれば、来シーズンは
車のレースも観戦に行ってみたいと思います。

FI2621964_5E.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

calenderさん
そうそう。トヨタ繋がりのイベントでした!
え!?フォーミュラーカーに乗ってみたいですか?!
抽選だったようでしたが、同乗走行もあったみたいですよ♪
チャンスがあれば、時速300km/hの世界へ!是非!!
僕はこわいので・・・パス。(笑)

いろんなタイプの車がたくさん走るイベントなんですね☆
う~ん、こういう車も1度でいいから乗ってみたいですね♪
ちょっとこわいけど…(笑)
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。