スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HRC 33

極太のスリックタイヤに
アップタイプでセンター出しの
マフラーが特徴的。

この後姿は・・・


FI2622341_1E.jpg

TEAM HRC 33 の
HONDA CBR1000RRW です。

今年の鈴鹿8耐では・・・


FI2622341_2E.jpg

岡田 忠之選手 / カルロス チェカ選手組
がライディングし、周回数216周で
2位になった車両です。


FI2622341_3E.jpg

フロント周りは、こんな感じで

インナーチューブがブラックコーティングされた
SHOWA製の倒立フロントフォークに
NISSIN製の4ポットキャリパーをラジアルマウントしています。

普段のスプリントレースでは見慣れない
赤いパーツや、スプリングなども取り付けてあります。
これは恐らく、タイヤ交換を楽にするための
耐久レース専用パーツだと思われます。

で、写真を見ていて気が付いたのですが
左側には赤いパーツが付いていますが
右側には青いパーツが付いています。

タイヤには、回転方向があるので
ピットでタイヤ交換をする時に
向きを間違えることがないように
左右で色分けされているのでしょう。

鈴鹿8時間耐久ロードレースでは
たった一度のミスで、優勝を逃す事もありますから。


FI2622341_4E.jpg

鈴鹿で走行している33号車を観た時は
黒塗りのシートカウルだと思っていましたが
近くで見ると、カーボンファイバー製でした。

カーボンの繊維がクッキリと見えて
美しい仕上がりです。
ここだけでも、相当な値段でしょうね。

で、この ホンダ CBR1000RRW ですが
もしかしたら、今シーズンで見納めかもしれません。


FI2622341_5E.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。