スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧居留地へ

行ってみました。

この辺りは、大正から明治時代に
西洋や欧米の様式で建てられた建築物が
数多く残されています。

この日は、あちこち歩きまわったので
辺りは暗くなり始めてしまいましたが
建物はライトアップされていて、いい雰囲気でした。


FI2622412_1E.jpg

こちらは、商船三井ビルディング。

大正11年に竣工された
アメリカ ルネサンス様式の建物で
外壁はテラコッタだそうです。

角に丸みを持たせた7階建ての建物で
入り口もその角にありました。

ペンダントのような楕円形の飾りと
縦長の細い窓が素敵でした。


FI2622412_2E.jpg

こちらも同じビルです。

たしか、入り口とは反対側だったと思います。
上の写真のように、てっぺんが丸くなっていないので
なんだか、違うビルのような雰囲気ですね。

旧居留地の建物の多くは、主に店舗として
今でも使われているようです。


FI2622412_3E.jpg

こちらは、神戸郵船ビル です。

大正7年に建てられた
近代建築の建物だそうです。

入り口は建物の真ん中にありました。
丸や四角の組み合わせや
各所に飾りなどが施されていて
かなり凝った造りです。

建築の事は全くわかりませんが
設計するのも、建てるのも
大変だったのだろうなあ。

向かって左端の柱に
何かプレートがあるので
見に行ってみると・・・


FI2622412_4E.jpg

1868年の7月、ここに神戸で最初の
米国領事館が開設されたと書いてありました。
銅板?のプレートに。

あ、もちろん日本語で。

この、神戸の旧居留地にある
古い建物の多くは、地震の少ない
西洋や欧米のスタイルで建てられているので
震災の時は大丈夫だったのでしょうか。

帰ってから調べてみたのですが
やはり多くの建物は被害を受け
姿を消した建物も少なくはなかったそうです。

そして今ある建物の多くも
修復や再建された建物だそうです。

あれからちょうど13年目。
震災前の神戸を知らない僕たちには
被害の跡は感じられませんでしたが
新しい建物が多い事には、気が付きました。

僕は、まだ実際に大きな地震を体験したことがないので
怖さは想像出来ても、その後の大変さはというと・・・
よく分からないというのが正直な所です。

近年の大きな地震や台風、天災などで
被災した各地の方々の頑張りを目にして
せめて自分たちで考えられる範囲の対策は
準備して置こうと思いました。


FI2622412_5E.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

aglio!?さん
こんにちは。やはり震災で変ったのですね。街の雰囲気も。
三宮の駅の近くに泊まったのですが、帰ってから調べてみると
あの辺も、相当被害が大きかったようで、びっくりしました。
実は神戸、2回とも正月休みの時期に行ったのですが
次回は暖かい時期に、のんびりと遊びに行きたいと思っています。
aglio!?さんの神戸の記事、楽しみにしています!

こんにちは。
仰ったとおり、震災で雰囲気が変わりました。古い建物が建て替わりテナントも入れ替わり、少し意味が違いますが小奇麗になりました。
路地裏は震災直後のままのところもまだまだあり、是非皆さんにお越しいただいてにぎやかになればと、市外に勤めるサラリーマンなりに願っています。

twentyさん
観光で行ったことはないって事は・・・ライブかな??(笑)
僕も旧居留地は初めて行ったのですが、素敵なところでしたよー。
お正月だったので、閉まっているお店も多かったのですが・・・。なはは。
神戸は食べ物も美味しいので、ぜひ、行ってみてください♪
もしもの時に備えて、防災の準備も!しておきましょー。

神戸に観光で行ったことがないので、こういう雰囲気の所があるって
知りませんでした!!素敵ですねー。
いつか旅行で行ってみたい所のひとつです♪
…防災の準備、しておかなきゃですね!!
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。