スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排水栓ホースは

1103012_1.jpg
カッターナイフで適当な長さに切断し
Y字継手 を使って接続しました。

で、このホースを・・・



1103012_2.jpg
ABSの板材から切り出した
丸いプレート の穴に差し込み・・・



1103012_3.jpg
ホースの末端に
エンドキャップを付けました。

で、塩ビの継手に取り付けると・・・



1103012_4.jpg
こんな感じに。

今回は養生テープで固定しましたが
上手く使えた場合には、両面テープか
接着剤を使って固定するつもりです。

そんなわけで、とりあえずコレで完成。

場所を移動して・・・



1103012_5.jpg
寝台車のリアシートへ。

黒くて丸い出張りは
リアヒーターの吹き出し口です。

てなわけで?

ココに・・・



1103012_6.jpg
塩ビの継手部分を装着。

ホースの部分は・・・



1103012_7.jpg
フロアに出しておきます。

で、リアヒーターのスイッチを入れれば
当然ながら? ホースから温風が出てきます。

しばらく繋いでおいても、ホースが熱で
フニャフニャになったりする事はないようなので・・・

て、キッチンでは、お湯を流す事もありますから
温風程度でフニャフニャになった困りますね。

てなわけで
これにて、確認OK。


1103012_8.jpg早速、スキーブーツを温めましょう♪

スキー場までクルマで移動している間に
冷たくカチカチになっていたスキーブーツも
コレを使えばホッカホカ

前回、山形で泊まったお宿は、
駅前にあるビジネスホテルだったので、
当然の事ながらスキー用の乾燥室はなく、
毎朝、冷えて硬くなったブーツを履くのに一苦労・・・

そんな時、ヒーターのダクトを見て
ふと、思いついたので、試しに作ってみました。

妻には思いっきり笑われましたが。。。なはは。

5分くらい暖めただけでも、履きやすさと快適さが違うので
これからは、必須アイテムになりそうです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

きっと

TOMOさん
僕もいると思いますね~欲しい人。
は!製品化するのなら、作り方を公開したらマズかったかな!?(笑)

ちなみに材料費は、全部で1,000円くらいでした。
なので欲しくなった方は、クルマの吹き出し口のカタチに合わせて、
皆さんで工夫してみてください♪

と、いうことにしておきます!・・・今のところは?!(笑)

No title

すごーい!
まさかあの材料からコレができるとはっ。
すばらしいアイデアですね~。

きっと他にもうらやましがってる人がいるハズ!
ぜひ製品化を。(笑)
アーカイブ
ジャンル
Blog検索
新着コメント
リンク
HRC
YAMAHA
天気予報
ドライブコンパス
プロフィール

kamezo.

Author:kamezo.
 
メンテナンス中なので
新着コメントリストの順番は
気にしないで下さい。

カメゾ@coral.plala.or.jp
(↑kamezo )

QRコード
QR
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。